Category Archives: 不安障害

20代から50代の社会性不安障害との戦い!

『現代病の代名詞』

これはかなりの社会的問題になっていますね

girl-218706_640

SAD(社会不安障害・社交不安障害

社会不安とは 学生からでも起きるのです

例えば就活時に会社訪問やインターシップ等で相手先に余り良い対応をされずに

印象だけが悪すぎる。と言う行為を常に長い間体験すると、社会に出てもどうせ

嫌な上司がいるだろうとか、気の合わない奴らが沢山いて中に入れないのでは?

とかマイナス思考面が独占してしまう位の脳の疲れから来ます。

学生の時からこの状態の場合は社会にも出れなくなりますね。

1、他の例では社会人になったものの、いきなり仕事についていけない

2、周りの仲間に入れない状況に陥った

3、会社と家との往復のみで趣味が無い

等々沢山理由が考えられますが、ポイントは社交性の苦手なタイプが一番

陥り易いという事になります。


free-soudan

対人恐怖症

 引っ込みじあん

 緊張し易い

 眼を見れない

 気が短い

考える年齢ともなる30代から40代には責任が掛かるので

求められた業務をこなそうとして、精神的に参ってしまう人が多数います

人の目が凄く感じてしまうタイプは特に不安障害を起こしやすくなり、

  引きこもり等にもなり易いのです。

残りの20年をここでやってけるのか?など要らない不安が頭をよぎって

 来る年齢なんです。


失敗が怖い

仕事でも学校でも何をやるにしても、失敗が怖くて仕方ない人は完全に不安障害を

患っていますね。

集団行動を常に嫌う人は大勢集まる所を避ける習性がありますね

先天性疾患の習性でもあるのですが、大きくなるにつれて図々しさが無くなり

大人しいタイプへ変貌してしまう事で社会不安を感じる様になるのです。


常に落ち着かない!

何時も心がハラハラしてしまう症状では常時落ち着かない時間を過ごすのです

休日なんかは、焦りを感じて翌日の事ばかり考えてしまうのです

眠れないのに朝起きると、汗を凄いてしまう


まずは脳の疲れを癒すのには市販薬は効果が期待できない

精神科の薬は副作用もあり、仕事中の眠気が止まらないですね

ここで市販では手に入らない心を休める栄養成分を摂取します

癒し効果で脳内ホルモンを安定させることが可能となります

 

タレントさんや俳優さんが最近でも使用しており、気持ちが楽になった!

やる気が戻って、緊張しなくなった など

脳が休息して、心も焦らなくなります

 

そんな社会性不安障害を無くす事が出来るのは

身体にやさしい成分の摂取から始めてみませんか?

20代から50代の社会性不安障害との戦い! はコメントを受け付けていません。

Filed under 不安障害